温度が上がらないときには水道工事で点検修理

蛇口をひねりお湯を出してみたところ、冷たいままで一向に温まらないことがあります。これも給湯器の異常ですが、原因はいろいろとあります。ただし、1つであれば対処も判断もそこまで難しくはありませんが、複数にわたって問題を抱えているケースも出てきます。単純にガスの元栓が締めてあって温められないといったこともあるでしょう。深刻な状態の場合には、水道工事会社で修理や交換まで考えていかなければいけません。

■掃除をするだけなど軽度な問題

給湯器の中には、浴槽のフィルターの汚れによって、お湯が出なくなることがあります。循環アダプターと呼ばれる部品がありますが、汚れてしまって循環供給ができなくなるのが原因です。この場合は掃除をするだけでお湯が出ます。
リモコンから信号がうまく伝わっておらず、お湯がでないこともあります。電源供給を含め、配線の問題も出てくるため、正常に動くかどうかを判断しなければいけません。正しく反応しているか、マニュアル等で調べてみる必要があります。
天候の変化によって、点火不良を起こしたり、漏電安全装置などが遮断していたりすることもあります。これらのケースは、あくまでも一時的なもので、原因がわかればその場で判断することができます。この状態はエラー表示が出るパターンが多く、自然に回復を待たなければいけません。時間を空けても回復しない場合には、水道 工事会社に修理を依頼する必要があります。

■交換も視野に入れる重度な状態

一時的な問題で回復するケースもありますが、もっと深刻な状況になると修理や交換が必要です。中でも給湯器内部のセンサーの問題は、簡単な問題ではありません。一時的な故障ではなく、機能が回復しない可能性が高く、センサーを交換しなければいけません。センサーが温度を感知できず、お湯を作れないためです。
経年劣化による部品の故障が影響している場合には、給湯器内部の他の部分にも出てくる可能性が高いです。エラーとして表示されることもありますが、出ないことも珍しくありません。経年劣化は耐用の限界でもあり、同時にさまざまな部品が傷んでいます。修理をしても次々と壊れてくる可能性が高いため、交換を考えたほうがいいでしょう。

■まとめ
給湯器からお湯が出なくなるときは、軽度な問題で対処できる場合と本体を交換しなければいけない状況があります。原因を切り分けてみて、想定が付かない場合には、水道工事会社に依頼して点検からスタートするべきです。そこから、修理をするか交換かを判断するべきでしょう。経年劣化のように、部品が限界を迎えているような場合には、早めに交換したほうが、何度も修理しないで済み、費用を考えても安く上がることがあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ