水漏れは水道工事に依頼して修理を

給湯器は、ガスや電気といったエネルギーを使って、水を温めて家庭内のいろいろな場所へ供給する装置です。さまざまな機能をもっており、生活には欠かせない設備となりました。快適な生活に必須となった一方で、水を使っている以上、給湯器 水漏れを起こす可能性があります。使えない以上に危険な状態でもあり、水道工事会社に修理を依頼しなければいけません。

■給湯器の内部からの水漏れ

給湯器の水漏れには、いくつかのパターンがあります。大きく分ければ、内部の配管などが原因のケースと外部配管からの水漏れです。内部から漏れてきているときは、かなり深刻な問題として考えておかなければいけません。配管自体が劣化してしまい、亀裂が入り漏れてくるケースがあるためです。消耗品としてのパッキンの劣化も水漏れにつながります。
こうした水漏れは、水道工事会社に依頼して、修理をするのが一番の対処方法です。部品が手に入ることが条件ですが、問題の部分を交換すれば、また使えるようになります。ただし、メーカーも部品の供給には限界があり、新製品が普及してくると古い物は作らなくなります。そのため、10年程度経ったものは、交換しなければいけないこともあります。

■外部配管からの水漏れ

外部配管から水漏れしてきているようなケースは、内部とは別の問題です。凍結して破損したようなことが多く、内部の部品に対する影響は少ないです。水漏れした状態のままではお湯を供給できなくなるため、これも早めの修理が必要です。
冬場に凍結してしまった場合、溶かすためにお湯を掛ける人がいます。これは非常に危険な行為で、メーカーも禁止している方法です。凍結した状態は、部品が極端に冷えています。さらに内部の水は、凍結して体積が膨張している状況です。配管に強い力がかかったうえに熱湯をかけると、急激な温度差に耐えられなくなります。当然、破損する状況も起きるでしょう。その場では平気でも、無理に力を掛けたことで、あとから破損することもあります。これが水漏れを引き起こすことも大きな問題です。凍結したときの対処方法は、自然解凍を待つことです。

■まとめ
給湯器から水漏れしたときには、迅速な対応が必要です。水がかかってしまうと、電気やガスは大きな問題を引き起こします。漏電する可能性もありますし、ガスを使った部分での不完全燃焼も出てくるからです。危険な状況になってしまうため、自分で対処するのではなく、水道工事会社に修理の依頼をすると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ